仲介手数料無料のお得な不動産取引

不動産を売買する際には、不動産業者に依頼して売買することが一般的です。
この時、多くの売買は不動産業者と売買するのではなく、不動産業者が見つけてきた相手と売買をします。


この時に不動産業者に支払う手数料を仲介手数料と言います。

仲介手数料は、宅地建物取引業法によって上限が決められており、一般に言われている物件価格の3%プラス6万円プラス消費税という金額になります。

正確には、計算をしなければなりませんが、この金額で概ねあっています。

不動産は非常に高額で数千万円規模の売買になりますから、この上限金額でもかなりの高額になります。納得の仲介手数料無料情報が絶対見つかる。


例えば物件価格が1千万円の場合には37万8千円が仲介手数料となります。この高額な仲介手数料を必要としない仲介手数料無料の不動産取引というものがあります。
仲介手数料無料の不動産取引は、元の売り手から不動産業者が不動産を購入し、不動産業者が買い手に対して売るという取引です。

つまり不動産業者は売り手と買い手の間を取り持つのではなく、不動産業者が不動産を仕入れ、それを買い手に直接販売するという形態です。


不動産業者が直接販売をするので仲介手数料無料となります。この場合、元の不動産の持ち主は買い手が現れるまでの間、売ることを待たずに済みますから、早期に売買をして現金を入手することが出来ます。

このメリットがあるため、仲介による不動産取引金額よりも少しだけ売買価格が安くなります。
こうして仕入れた不動産を不動産業者は自らが売り手となって、新たな買い手に仲介手数料無料で売るのです。

新たな買い手は仲介手数料無料というメリットがありますから、売買が成立しやすいので不動産業者にも大きなメリットがあります。



しかし、仕入れた不動産が売れなければ不動産業者のリスクになりますし、売れるまでの期間は在庫となってしまいます。

最先端のテナント・事務所を探す|静岡で賃貸を探すならエイブルネットワーク静岡へ情報サイトの利用価値をご存知ですか。

それでも不動産業者にしてみれば、リスクがあっても仲介手数料以上の収入が得られる売買方法となります。

特集 « 建築家が一からデザインした注文住宅ならアセンティアホームが今、話題になっています。

不動産取引は金額の大きな売買になりますから、仲介手数料無料でお得な取引をしたいものです。