歯科医院で使われている気になる用語

###Site Name###

歯科医院に治療に行ってときに医院内で会話されている用語が気になったことはありませんか。患者の私達にはわからない言葉が交わせれて不思議に思った事ありませんか。特に治療中に使われている用語を集めてみました。

聞いた事のある言葉があると思います。


インプラントは欠陥部分に、天然の歯の代わりに人工の歯根を埋め込んで、その上に人工歯を作る治療法です。

あなたにオススメの枚方の歯科選びをサポートするサイトです。

う歯とは虫歯の事。
正式な歯科用語としては齲蝕歯(うしょくし)です。

FC根管治療に使用する薬品の名前。

正式名は、フォルムクレゾーン。

FCKは、臼歯の全体を覆う、金属のかぶせ物の事。

FDは、歯が1本もないとき。

臼歯は、物をすりつぶす役目をもつ、前から4番目より奥にある歯の事を言う。

犬歯は、真ん中から3本目の永久歯を言う。C1は、虫歯の初期の段階。

C2、C3、C4は、虫歯の状態が数字が大きくなるほど悪化を示します。


歯肉とは、歯茎の事。
歯科用語はまだまだたくさんあります。

京田辺市の歯科に関する情報をまとめました。

医院内で会話がわかるようになると少し治療が楽しくなるかもしれませんが、逆に心配になってしまうかもしれません。永久歯は6歳から7歳ころから生え変わりが始まり、全部で28本あります。


親知らずを入れると32本。
虫歯になった時だけではなく定期的に歯科医院通い定期検診をする事で、28本の自分の歯を大切に守る事も大切です。


歯科医院に通うのに苦手意識を思ってる方も多いですが、自分の歯で美味しいご飯を食べ続けれることも幸せです。